Top
銀閣寺
「銀閣寺」、正しくは「東山慈照寺」。

足利義政(室町幕府八代将軍)が祖父足利義満公の金閣寺にならい、
隠栖生活を過ごすため「山荘東山殿」を造ったのが銀閣寺の発祥。

中に入って行くと見えてくる「銀閣寺垣」。

高さ4メートル以上もあるというその垣根にぽつぽつと赤い椿が綺麗でした。

ここから外界とは違った特別な世界への入り口...だそうです。

c0232340_11173039.jpg

c0232340_12283380.jpg

c0232340_12302657.jpg

c0232340_1233286.jpg

c0232340_12345092.jpg

c0232340_12354034.jpg



銀閣寺は、なんとなく好きな場所です。

月の御殿とも呼ばれると聞いたことがありますが、

金閣寺に対して少し地味な感じ、そこがまたいいところですね。

今は、面影がないようですが、

建てられた頃は美しい模様が描かれてあって、それは綺麗なものだったという説。

いつかあるテレビ番組で、その様子を再現していましたがほんとに見事なものでした。

月の動きに合わせた池の石の設置や、月見台(今はない)。

そんなのを想像しながら眺めるとまた違ったものに見えたりもしますね。

足利義政独特の侘び寂びの雅な世界、月の御殿だったのでしょうか。。。




        
[PR]
Top▲ | by fuwawa_130 | 2012-03-28 12:02 | kyoto | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fuwawano.exblog.jp/tb/17736029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 写メールで | ページトップ | 東寺 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin